未分類

粘膜の部分まで脱毛が可能か

投稿日:

iラインの内側の部分まで毛が生えている人は、当然そこまでムダ毛を処理したいものですよね。しかし、お店によっては粘膜部分の脱毛はできないと断られるケースも少なくありません。

そのお店によってどこまでを粘膜と考えているかは異なります。大陰唇の内側、つまり小陰唇の部分まで含むところもあれば、膣周辺の部分だけだと考えている所も見られます。膣内部は発毛が見られませんから、後者の場合は実質iラインならすべてのエリアに照射してもらうことが可能です。

ただ、小陰唇にまで発毛している人は照射できません。どこまで発毛しているかは個人差が見られるので、どこまで対応してもらえるかはその人によって異なると思っておきましょう。

粘膜の脱毛をする場合は、クリニックで行ってもらうことが多いです。医療機関ですし、デリケートな部分にレーザーを照射中にトラブルがあった場合も対処してくれるので、精神的にも安心できるでしょう。でも、脱毛サロンの方でもiラインの内側まで脱毛に対応しているところも登場しています。

美容脱毛で使用されている光よりも出力を弱めることで、粘膜に生えている毛まで処理が可能になりました。低温なので粘膜が乾くトラブルも回避しています。

ジェルも暖かくしたものを使っているので、陰部が冷たくて不快感を覚えることもありません。これらの方法なら、vラインもiラインも完璧に処理することができ、ハイジニーナにすることができますね。

-未分類

Copyright© 口コミで人気の脱毛サロン静岡版 , 2020 AllRights Reserved.