未分類

脱毛とホルモンとの関係

投稿日:

体毛には、ホルモンが関係しています。ホルモンの変化によって、体毛が濃くなったり、量が増えたりすることがあります。

そのため、ホルモンバランスの安定しない思春期までは、医療レーザー脱毛をすることができません。思春期が終わる前にレーザー照射をして、永久脱毛状態にしたとしても、思春期のホルモン変化によって、また体毛が生えてくる可能性があります。レーザー照射には犠牲が伴います。

毛にだけレーザー照射できればそうでもないのですが、どうしても肌にもレーザーを当てなくてはなりません。医療レーザー脱毛では、黒い色に当たると熱を生む光を利用しています。

肌にはメラニン色素があり、人によってその量はまちまちですが、レーザー照射によって、肌にも熱が発生します。それによってある程度、肌はダメージを受けます。レーザーを肌に当てなくて済むならそれに越したことはないものの、永久脱毛状態にするために仕方なくやっていることです。

永久脱毛状態にできない可能性が高い思春期以前にレーザー脱毛すべきでないのは、こうした理由によるものです。思春期が終わってホルモンが安定したと医師から判断されれば、15歳からでもレーザー照射が受けられることもあります。

 未成年者がレーザー照射を受けるためには、思春期が終わっていることと、保護者の同意という2つが必須とされます。レーザー照射には、やけどの可能性もつきまといますから、未成年の場合は、本人の意志だけでは受けられません。

-未分類

Copyright© 口コミで人気の脱毛サロン静岡版 , 2020 AllRights Reserved.